メニュー

PFC-FD療法

PFC-FD療法

PFC-FD療法とは?

PFC-FD療法とは、ご自身の血液から作製した多血小板血漿の成長因子のみを抽出し、凍結乾燥(フリーズドライ)することで、さらに高濃度化して効果を高めた再生医療です。

[Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥] の略称としてPFC-FD療法と呼ばれています。

自己治癒力を高める成長因子が、PRP治療の2倍以上含まれており、鎮痛作用や炎症抑制作用、組織修復作用がPRPよりも高いことが最大の特徴です。

怪我をするとカサブタができて痛みを抑えて傷を修復しますが、それには血小板が放出する成長因子が関係しています。PFC-FD治療はこの血小板が持つ成長因子を取り出して患部に注射することで、炎症を抑えるとともに患部の環境を整えて疾患改善を期待する治療法になります。

PFC-FDは自身の血液から作成されるため拒絶反応や副作用が少なく、また、採血と注射で完了するという特徴から保存療法と手術の隙間を埋める治療として注目されています。

  • bFGF 線維芽細胞増殖因子
    線維芽細胞の増殖と血管新生を促進する
  • PDGF-a/b 血小板由来増殖因子
    血管新生や細胞増殖を促進する
  • EGF 上皮細胞増殖因子
    他成長因子の効果を増強させる
  • TGF-β 形質転換成長因子
    線維芽細胞やコラーゲン合成を促進する
  • VEGF 血管内皮細胞増殖因子
    血管内皮細胞の増殖や血管新生を促進する
  • 変形性膝関節症(軟骨がすり減ることで起こる関節痛)
  • 膝蓋腱炎(運動中や運動後のひざの痛み)
  • 膝窩筋腱炎(動作時の膝後面の痛み)
  • 上腕骨外上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内上顆炎(ゴルフ肘)
  • 足底筋膜炎(歩きはじめや長時間歩行時の足の裏の痛み)
  • アキレス腱付着部炎(長時間歩行による踵背側の痛み)
  • 腱鞘炎(手首・足首の痛み)
  • 靱帯損傷(肘・膝の外傷)
  • 肉離れ(筋断裂)

治療の流れ

  • 治療の流れ診察・採血まずは外来を受診していただきます。現在の痛みの程度や部位を診察し、これまでの治療歴などをお伺いしたのち、患者様から自己血液約50mlを採取します。
  • 治療の流れ検査・加工特定細胞加工物製造施設に安全に輸送し、感染症の検査をおこないます。問題がなければ清潔な環境で血液からPFC-FDの作成(フリーズドライ化)を行います。
  • 治療の流れ注射採血してから約3週間ほどたった後、フリーズドライ化されたPFC-FDを患部へ注射します。ご希望に応じて2箇所まで注入することが可能です。入院・手術は不要です。
  • 注射当日は運動やマッサージ・入浴・飲酒・喫煙はお控えください(血行が促進されますと痛みを強く感じる事があります)
  • 注射後3~4日後は腫れたり・赤くなったり・痛みを感じたり・かゆみを感じる事がありますが、その後自然に消失していきますのでご安心ください。
  • 血液採取を行い、感染症検査(HIV・HBD・HCV・梅毒・HTLV‐1)で陽性反応が出た方は、治療を受けていただくことはできません。その場合、血液検査費用のみご負担いただきますのであらかじめご了承ください。
  • 痛みを感じている間に、安静にし過ぎてしまうと、治療部位が固くなり長期的な痛みにつながる場合があります。可能な限り継続的に運動療法を行いましょう。運動の内容については詳しく指導いたします。
  • 施術当日の入浴は避けるとともに、PFC-FDの注入部は清潔に保ってください。
  • 注入後数日間、血流の良くなる行為(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒)を行うことで、痛みが強くなる場合があります。この症状は、治療効果に差はありませんが、あまりに痛みがひどい際はご相談ください。

PFC-FD療法の治療費

PFC-FC注射(1部位につき総額) 血液検査(感染症検査 陽性の場合)
180,000円(税込) 18,000円(税込)
PFC-FC注射(1部位につき総額)
180,000円(税込)
血液検査(感染症検査 陽性の場合)
18,000円(税込)

*血液検査の結果感染症が判明した場合は採血代金のみを頂きます。PFC-FDの作成代金は返金致します。

PFC-FD療法のよくあるご質問

  • 治療にはどの位時間がかかりますか?

    注射は5分程度で終了しますが、超音波で部位等を確認し確実にPFC-FDを注入しますのでトータル10分程度要します。

  • 安全性はどうですか?

    PFC-FD療法はご自身の血液を採取後、清潔な状態でセルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設・厚生労働省認可)に搬送しPFC-FDを作成しますので、安全であると期待できます。

  • 副作用はありますか?

    PFC-FD療法はご自身の血液から精製するので、免疫反応などの副作用は少ないと期待できます。 一般的な注射治療と同じような注射部位に痛みを感じたり・赤くなったり・腫れたり・熱を持ったり・皮下出血を起こしたりすることはあります。これらの副作用は一時的なことが多く、1週間程度でよくなるのが普通です。

  • いつから運動ができますか?

    注射部位によって異なりますが、当日の運動やマッサージはお控えください。 腫れや痛みが無ければ翌日から通常通り運動して頂くことは可能です。

  • 効果が出るまでにどのくらいの期間が必要ですか?

    即効性はありませんが、1週間~6か月程度で組織の修復が起こるので、炎症が収まったり痛みが軽減したり効果が認められてきます。効果や持続時間には個人差があります。

  • 入院や手術の必要はありますか?

    必要ありません。外来通院で行う治療です。

  • 高齢でも受けられますか?

    受けられます。慢性的な痛みに関しては、運動療法を併用した治療をお勧めします。

  • 関節以外の症状でも治療できますか?

    できます。腱や筋肉の症状にも効果的です。

  • ヒアルロン酸注射などは継続できますか?

    できます。PFC-FD注射の同日には行えませんが、日にちを変えれば今までどおりヒアルロン酸注射は継続できます。

  • 医療費控除は受けられますか?

    受けられます。 1年間(1月1日~12月31日まで)に支払った医療費が10万円を超える世帯(生計が同一のご家族)は、確定申告(2月16日~3月15日)で申告し、還付金を受け取る事が出来ます。 治療費の領収書を大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。 ※領収書の再発行は致しかねますので、ご了承下さい。

PFC-FD療法のご予約・ご相談・お問い合わせはこちらから

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME