メニュー

女性診療科・産科

ごあいさつ

私は母校である日本医科大学武蔵小杉病院を中心に16年間産婦人科医として勤務してきました。『女性診療科』では婦人科悪性疾患の患者さん達のメンタル面を含めたトータルケア、良性疾患の患者さん達の社会的背景を考えた上でQOLを上げるためにはどうするべきかという事に真摯に向き合ってきたつもりです。『産科』では地域の周産期センターとして年間1000件近い分娩がありました。その中でハイリスクの妊婦さん達を沢山診させて頂きました。クリニックでは分娩は出来ませんが、婦人科・産科ともに大学病院と同じレベルの外来診療を行うという気持ちから大学病院と同じ表記である『女性診療科・産科』という科目名にしました。3人の子供達を育ててもらっている中央区新川で、多くの女性が自分の身体の不調を気軽に相談出来るクリニックでありたいと思っております。

副院長 佐藤杏月

当院で行っている診療

子宮頸がん検診(細胞診、組織診、コルポスコピー)、子宮体がん検診(細胞診、組織診)、経膣エコー(子宮、卵巣)、子宮筋腫・子宮腺筋症の薬物療法、月経困難症(ミレーナ、ピル)、子宮脱(ペッサリー)、更年期症候群(ホルモン療法、漢方)、性感染症、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)、月経移動、その他婦人科疾患

妊婦健診、母体血清マーカー検査(クアトロテスト)、胎児スクリーニング検査、4D/3Dエコー

タイミング療法(卵胞チェック)、人工授精、超音波下子宮卵管造影(フェムビュー)

当院の治療について

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME